ポストカードブック「東山魁夷」

 世界の名画を集めたちいさな美術館シリーズ。ちいさな名画たちを鑑賞したり、お手紙として出したり、お楽しみ下さい。
           「東山魁夷(ひがしやま かいい)」
  大自然へ憧れと賛歌を描いた画家・東山魁夷。旅の画家とも呼ばれた彼は日本だけでなく、ドイツに留学するなど、北欧、オーストリア、中国などあちこちに取材に出かけ、そこでしか出会えない一瞬一瞬の風景をひたすら描写した。その深い精神性をそなえた絵は今なお多くの人を魅了してやまない。
 しかし、その人生は決して安穏なものではなく、次々と家族を失ない、戦中は爆弾を抱えひたすら人間特攻の練習をするなど、つらい日々を過ごした。戦後発表した「残照」は人間特攻の練習を重ねる際に見た大自然へオマージュであり、初めて世間に評価された作品となった。1950年に日展に発表した「道」は、まっすぐに伸びる道を描いた作品で、その単純なまでの構成は高い評価を得た。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
商品名・・「ポストカードブック 東山魁夷」
著者・・・東山魁夷
序文・・・松本猛
価格・・・¥1200(+tax)
発行所・・株式会社青幻舎
  書籍サイズ・縦148×横106×厚さ12mm、A6版
  32枚のポストカードが入ったカードブックです。
     Printed in JAPAN
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


>BACK