星燈社さんの茶筒

 お茶は、日本の暮らしに欠かせないもの。
しかし、いま多く流通している茶筒は、変に派手なものが多く、日常使いにしたくなるような品はありませんでした。
そこで、星燈社では「日本の生活に馴染み、毎日眺めていたくなる茶筒」を作ろうと考えました。茶筒の製造は、お茶どころの静岡県の工場。
 シックな中にもちょっとした楽しさがあり、ポップな中にも落ち着きがある。
そんな「シックでポップな茶筒」ができあがりました。


>BACK